« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月26日 (木)

つなみ

3月の話になりますが、3月15日~18日に日本のNGO JHP・学校をつくる会が主催する「音楽コンテスト」がプレーベン州で行われたので、私も審査員として参加させてもらいました。

JHP・学校をつくる会は、カンボジアの音楽教育を普及させようと、日本から寄贈された鍵盤ハーモニカやリコーダーを各州の小学校や教員養成校に配布しています。そこで、せっかく配布をしているのだから各学校での練習の成果を披露する場をつくろうということで、「音楽コンテスト」を開催しているそうです。

このコンテストで、初めてカンボジアの小学生が鍵盤ハーモニカの演奏をしている姿を見せてもらうことができ、とても感動しました。

Dsc00660

Dsc00674

↑これは練習の様子

Dsc00689

最後に全員合唱

実は、このコンテストは日本で地震が起こった直後でした。

JHPには、カンボジア人のスタッフもいます。カンボジア人スタッフもずっと地震のことを気にしてくれていました。そして、スタッフの一人が

「コンテストの閉会式で、みんなで黙祷をしたいです。」

提案してくれたのです。

さらに、日本の地震についての歌をつくってくれて披露してくれました。

ここでも、カンボジア人の優しさ、温かさを感じることができました。

つなみ

1、にほんにつなみがきて

  たてものやひとがなくなりました

  とてもくるしくてつらいきもちです

2、つなみによってかぞくとはなればなれになりました

  かぞくのことがしんぱいでまいにちあいたいとおもっています

  かぞくのことばかりかんがえています

3、にほんはとてもたいへんだけどなやまなくてもだいじょうぶです

  せかいじゅうのともだちがにほんのことをこころからおうえんしています

4、いちばんたいせつなことはじぶんががんばること

  せかいじゅうでしえんします

  わるいことはかんがえないでください

  かならずよいほうこうにかわっていきます

2011年5月 6日 (金)

クメール正月

お久しぶりです。わたしは元気です。

あっという間に5月。一日一日が短く感じる今日この頃です。

カンボジアは、4月13日に新年を迎えました。

សី្តឆាំ្នថី្ម スオッスダイ チュナム トマイ=あけまして おめでとうございます

クメール正月の前後は、仕事場や学校は正月休みになります。

養成校も2週間お休みだったので旅行にでも行こうかと思いましたが、クメール正月を経験できるのは、最初で最後になるので、自分の住んでいるクラチェで過ごすことにしました。

クメール正月には、前の年の干支(たつ)に変わって、新しい年の干支(うさぎ)の神様が天から降りてくるといわれていて、各家庭では下の写真のようなお供え物をして、新年を迎える時間にお供え物の前に集まって、お祈りをします。

新年を迎える時間は、毎年違っているそうで、大家さんが「夜中のだった時には子どもたちは眠くて起きてこなかったのよ。」なんて言っていました。今年は14時だったから良かったです・・・。

Photo

 クメール正月には、クラチェの田舎にも呼ばれて行ったのですが、各家庭のお供え物を見て改めてここでも経済格差を感じました。

上の写真は、私の大家さんのお供え物ですが、貧しい家になると「花瓶」が「ペットボトル」だったり、「花」が「近くで摘んできた花」だったり・・・・・それでも、お供え物がない家は一軒もありませんでした。

また、クメール正月には日本のお正月と同じように親戚が家に集まり、一緒に食事をしたりお酒を飲んだりします、一つ日本と違っているのは、食事の後に、音楽が爆音で鳴り響きみんなが踊り始めることです。クメール人は老若男女踊ることが大好きなんですよ。

 もちろん、お正月に多くの日本人が神社に初詣に行くように、カンボジアでもお正月にはお寺に行き、僧侶にお金やご飯を寄進します。夜にも、お寺に集まり踊ったり、ゲームをしたりして楽しみました。(カメラを忘れてしまったのが残念です・・・。)

この正月休みには、職場の先生の家族と一緒に、クラチェで有名な海水浴場(海ではなくてメコン川ですが・・・)「カンピ」にも行って来ました。

先生が持ってきてくれた鶏肉と焼き魚をみんなで食べて、水遊び。私は初めてメコン川に入りました。カンボジア人は水着なんて着ないで洋服のまま水の中に入ってしまいます。私も洋服のままです。

Photo_2

Photo_3

 最初で最後のクラチェでのクメール正月。

「私の家に遊びにおいで。」

「一緒に遊びに行こう。」

と私の周りにいるたくさんのカンボジア人が誘ってくれました。お陰で充実したお正月を過ごすことができ、たくさんの思い出をつくることができました。

オークン チュラン。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ