« 2月 母がカンボジアへやって来る! | トップページ | クメール正月 »

2011年3月30日 (水)

世界は一つ

 東北地震太平洋沖地震から二週間が過ぎました。

やっとブログを書くことができています。

日本の地震について、ここカンボジアでも連日報道されています。

映像を見るたびに胸が痛み、何もできない自分にもどかしさを感じました。

日本がこんなに大変なときに、私がカンボジアにいる意味・・・・ 

それを教えてくれたのはカンボジア人でした。

 

 「家族や親戚、友達は大丈夫?」

 「日本のこと、日本人のことが心配です。」

 「日本は、きっとすぐに復興できるよ。」

 大家さん、学校の先生、学生、友達、近所のお姉さん、市場のおばさん、コーヒー屋のおじさん、たまたまバスの隣に乗った人・・・・

私の周りにいるカンボジア人すべての人が、日本のことを心配してくれて電話をしてくれたり、声をかけてくれたりしてくれました。

活動先の教頭先生は、涙を流して心配してくれました。

カンボジアも日本に寄付をしてくれたことに

「オークンチュラン=ありがとう」と伝えると、

「少ないお金でごめんなさい。日本はそれ以上に、カンボジアを支援してくれているから当たり前のことだよ。」と。

二週間たった今も、カンボジア人からの温かい励ましの言葉は絶えません。

  私が今カンボジアにいる意味。

  そう、今カンボジアにいたからこそ、こんな温かい言葉を聞けました。

  そう、今カンボジアにいたからこそ、カンボジア人の温かい心を感じることができました。

世界は一つ。

世界中の人が、行ったこともない日本のことを心配し、自分のことのように涙を流し、日本のことを応援しています。

亡くなられたかのご冥福を祈るとともに、日本の復興を祈ります。

« 2月 母がカンボジアへやって来る! | トップページ | クメール正月 »

コメント

こうして南ちゃんがカンボジアの様子を伝えてくれるからこそ
カンボジアの方々の温かさを感じることができます(*^-^*)
オークン、チュラン。
場所は違えど、共に頑張ろうo(^-^)o

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353709/39415479

この記事へのトラックバック一覧です: 世界は一つ:

« 2月 母がカンボジアへやって来る! | トップページ | クメール正月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ