« 日本からの贈り物② ~孤児院i n チョロイバンテアイ~ | トップページ | アンコールワット国際ハーフマラソン »

2010年11月26日 (金)

11、22

  カンボジア最大のお祭り「水祭り」

ちょうど雨季の洪水が引き始める時期には、肥沃な土壌になり農作物の生育を促してくれる。農民(国の80%が農業従事者)にとっては、ありがたい日である。

その感謝を川の神、地の神にあらわすため毎年水祭りが行われるそうだ。

毎年満月の日をはさんだ三日間で行われ、今年は11月20日~22日で行われました。

首都プノンペンで、灯篭流しやボートレースが行われます。

ボートレースは、カンボジア各州から選抜された選手が集まり、州対抗のレースになるためプノンペンには、地方からたくさんの人が集まります。

私も、プノンペンに行く予定でしたが、クラチェでの用事が入り行くのを止めて、大家さんと一緒にテレビでみていました。

「お!クラチェが早いよ!」なんて言いながら楽しくテレビを見ていた次の日。

 23日の朝。

「カンボジアの水祭りで大きな事故があり、300人以上が亡くなったそうです。安否確認の連絡です。」

との緊急連絡網で、事故のことを知りました。

水祭り最終日11月22日の夜。

祭りが終わって、つり橋を渡っていた人たちが将棋倒しになりたくさんの方が犠牲にりました。死者300人以上、負傷者300人以上。

次の日から、テレビでは事故のニュースがずっと流れていました。

テレビでは、橋の上で折り重なる人々の様子が生々しく映されていて目をそむけたくなりました。将棋倒しなんてものではなく、人の山でした。

ボランティアの仲間、大家さんの親戚、学校の生徒、私の知っている人たちは無事でしたが他人事ではありません。

亡くなった方、亡くなった方の周りの人たちのことを考えると胸がしめつけられそうです。

ただただ祈るだけしかできません。

25日。

国をあげて追悼式が行われました。

プノンペンから遠いクラチェの地でもお寺で追悼式があり、私も参加してきました。

家の前にはお供え物をし、みんなで冥福を祈りました。

カンボジア人は、今回の事故を誰も他人事だととらえていません。みんな自分のことのように悲しみを乗り越えようとしているようにみえました。

今回の事故。

カンボジアの警備体制、日本のようにきちんとしていないようです。

国を非難するつもりはありませんが、防げた事故ではなかったのかと思うと悔しさでいっぱいです。

11、22。

私にとって忘れられない日になるでしょう。

負傷者の方の、完治を祈ります。

亡くなったかたのご冥福をお祈りします。

そして、もうこんな事故が起きませんように。

« 日本からの贈り物② ~孤児院i n チョロイバンテアイ~ | トップページ | アンコールワット国際ハーフマラソン »

in CMBODIA」カテゴリの記事

コメント

ニュースを見た時、びっくりして、しばらく思考が止まったよ。blogが更新されていたから大丈夫だと思っていたけど無事で良かったです。カンボジアの皆さんが一日でも早く悲しみから立ち直られることを祈っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353709/37856179

この記事へのトラックバック一覧です: 11、22:

« 日本からの贈り物② ~孤児院i n チョロイバンテアイ~ | トップページ | アンコールワット国際ハーフマラソン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ