2012年3月19日 (月)

オークン チュラン 

明日、カンボジアを去ります。

1年9カ月、たくさんの人々に支えられて、

カンボジアでの活動をやってこれました。

JOCVの仲間や調整員

むーちゃん、とみいさん、あおいさん、

みず、みわっち、

カンボジア人

家族

みんなの支えがあったから頑張れました。

オークン チュラン。

私は、カンボジアが

カンボジア人が

大好きです。

カンボジアを離れたくない・・・・

って思っちゃうけど、

やりたいことがあるから、日本へ帰ります。

日本の人たちに、

カンボジアのことをたくさん知って、

カンボジアを好きになってもらいたいんです。

日本に帰ったら、カンボジアから

教えてもらったことを

みんなに伝えたいんです。

だから、日本へ帰ります。

みなさん、待っていてください。

今まで、ブログを読んでくださりありがとうございました。

オークン チュラン

2012年2月11日 (土)

村の小学校へ

 普段は、教員養成校で活動しているのですが、

養成校での授業がない木曜日に村の小学校へ行って

音楽・図工・体育を教えています。

 

 去年帰国した先輩Muuちゃんが、幼稚園での活動以外で、

この学校でも音楽や体育を教えていたのがきかっけで始りました。

月に一回は行きたいところなんですが、2ケ月に一回くらいです・・・。

 ここが村の学校です。

Photo

今は、教室2つ。窓もなし。机も足りてない・・・

ですが・・・ジャーン!

Photo_2

 もうすぐ、ドイツのNGO団体GIZの支援で新しい学校ができます!

 さて、今週の授業は、図工「ちぎり絵」です。

この学校の教室は、殺風景。

「子どもたちの作品を飾って、明るい教室にしたいな。」

という思いで、今日の題材を決定。

Photo_3

Photo_4

ちぎって、はって・・・・・

ちぎって、はって・・・・・

 

 私が作った見本は、一色だけの花だったんですが・・・

Img_2523

さすが子どもたち!!

隣の子と色紙を交換してカラフルな花が!!

だから、図工って楽しんだよな~。

久しぶりに子どもたちのキラッキラした感性を感じることができました。

最後に、みんなで!

Photo_5

 「モイ、ピー、バイ(1,2,3)!!」

みんな、オークンチュラン。

またね。

2012年2月 1日 (水)

2012年

 Photo

1
 

 2012,1,2 アンコールワットからの朝日 inシェムリアップ

去年の年末にMちゃんがカンボジアに遊びに来てくれて

あれからもう1ヶ月。

 遅くなったので・・・

   寒中お見舞い申し上げます。

日本は、とても寒いそうですね。風邪はひかれていませんか?

 カンボジアでは、ここ最近、珍しく雨が降っています。

乾季の時期に雨が降ることって珍しいことなんですよね。

 1月から、養成校の活動以外に小学校でのピアニカ指導を始めました。

また、後日ブログにアップしますね。(必ずします。)

 残り48日。

2011年12月30日 (金)

よいお年を

 カンボジアに来て2度目の年越しを迎えようといています。

みなさま如何お過ごしですか?

 今日から一週間お休みをもらってプノンペンへ来ています。

うれしいことに日本から友達が遊びに来てくれます。

今日の夜にプノンペンに到着です。

Mちゃん元気かな?楽しみだなー。

 それではみなさまよいお年をお迎えください。

 

2011年12月26日 (月)

ヤシの話 ②

 先週は、帰国報告会や隊員総会のためプノンペンへ行ってました。

クリスマス、年末なんてクラチェで過ごしてると感じなかったのに、

プノンペンでは、クリスマスのイルミネーション見たりケーキ食べたり、

「よいお年を。」なんて言葉を交わしたりして、

クリスマスと年末を感じてクラチェへ帰ってきました。

 そして何より、3月の帰国が迫っていることを感じながら

クラチェへ戻ってきました。

 2012年3月19日  日本に帰国します。

残り3ヶ月をきっちゃいました・・・・・。

 はぁ・・・。

ため息が出ます。だって、カンボジアを離れたくないから。

でも、帰りますよ。日本で待っている子どもたちがいますからね。

 さて、今日は前回のヤシの話①に引き続いて、ヤシの話②。

ヤシって言えばココナッツのことだと思ってたんですが、

実は、ヤシって色んな種類があるそうです。

 カンボジアにあるのは私が知っている限りで2種類。

Img_1974

これは、ヤシの話①にでてきたヤシの木。ココナッツの木です。

クメール語で「ドーン」

そしてもう1種類がこれ。

Photo

「オオギヤシ」という種類の木。

オオギヤシのいうそうです。

クメール語で「タナオット」

このヤシは、ジュースやお酒、お砂糖に使われます。

 以前、カンボジア人の友達にオオギヤシの砂糖を作っている所へ

連れて行ってもらいました。

Photo_2

Photo_7

Photo_8

工場ではありません。

オオギヤシの木がある野外で手作りしています。

このヤシ砂糖、自然の甘みがして美味しんですよねー。

カンボジア人はこのヤシ砂糖をお料理に使っています。

 それから、ヤシジュースも飲みました。

Photo_4

Photo_9

こうやって高ーいヤシの木に登ってヤシジュースをとってくれます。

見えるかな?てっぺんに登っているおじさん。

Photo_5

おじさんが腰につけているこの筒にジュースをいれます。

Photo_6

ココナッツジュースよりこっちの方が甘みがあって好きだな。

このヤシジュースは発酵させてヤシ酒としても飲まれています。

 乾季の季節だけしか飲めないこのヤシジュース。

帰る前にもう一度飲みに行ってこよう!

2011年12月 6日 (火)

やしの話 ①

こんばんは。

またまたご無沙汰しております。

 

書きたいことはたくさんあるんですが、なかなか筆が進まず・・・。

 

みなさんお元気ですか?

風邪ひいてませんか?

カンボジアは、乾季の季節に入りました。

12月になり、朝晩が少し涼しくなってきましたよ。

 

 先月、職場の先生の家でこんなものをごちそうになってきました。 

    「オンボック タックドーン」です。

Photo_2 

コップの底にあるつぶつぶは、オンボックといってもち米をつぶしたもの。

液体は、ココナッツジュース。

やし(ココナッツ)のことを 「ドーン」 といいます。

カンボジアには、ヤシの木がたくさんあります。

家庭の庭にあるのも普通なんです。

職場の先生の家の庭にもヤシの木があって、

実がたくさんなったからと職場の先生たちを呼んで、

ココナッツパーティー?を開いてくれました。

Photo_8

    大好きな職場の先生たちです。

Photo_4

        これは、やしの実。

Photo_5

こんな感じでココナッツジュースが入っています。

Photo_6

  ストローをさして飲むこともできますよ。

Photo_7

 ヤシの実を切ると、中には白い果肉が。

この果肉も一緒に食べることができて、

カンボジアのお菓子やスイーツを作るときによく使われています。

 

 

実は・・・

私、このココナッツジュースはあんまり好んで飲みません。

あじが薄いというかなんというか・・・。

このココナッツジュース、

カンボジアでは、体調が悪い時に飲むといいといわれています。

日本で風邪のときに飲むスポーツ飲料のかわりですね。

だからかなー。

おんまり美味しく感じないのは・・・。

 

でも、今回飲んだジュースには砂糖やコンデンスミルクを入れたので、

甘くて美味しかったですけどね。

カンボジアに来た際は、一度味わってみてくださいね。

(でも、オンボックは11月以降の一定期間しかありません。)

Photo_9

決して、一人で全部飲んだわけではありません。

 

2011年11月10日 (木)

病気

 スオッスダイ (=こんにちは) ご無沙汰しています。

 前回、更新したのが8月だから2ケ月以上ぶりの更新ですね。

実は、病気だったんです。

治療してもらったんですが、完治はしていません。

日本で、治療しないといけないようで・・・。

 私の大事な パソコン の話です。

 私は、元気ですよ~。

心配してくださった方、ありがとうございます。

 9月の一ヶ月間は、学校が長期休みだったので、

プノンペンで行われたHOG(ハートオブゴールド)の体育の研修に参加したり、

クラチェでお世話になったとみーさんの報告会&送別会に参加したり、

ベトナム旅行に行ったりしてきました。

 そして、10月。

学校では、新学期がスタートでした。

やるぞ!とはりきっていた矢先にパソコンの調子が・・・。

私はパソコンが苦手だから、プノンペンにいるパソコン隊員に様子をみてもらうことに。

ありがたいです。

すぐに持って行きたかったんだけど、学校の行事やなんかでなかなかプノンペンへ行けず、やっと11月に入って見てもらえました。

 結果は、ウイルスではないみたい。

どうやら、キーボードに原因がありそうなんだけど、キーボードを開けないとわからないので、応急処置で外付けキーボードを買ってなんとか使っています。

 でもねーパソコンを開くと勝手に 『 : 』 のキーがすごいスピードで押されてしまうから

バックスペースで消す作業が大変なんです・・・。

とりあえず、あと4ケ月悪化しないことを祈るだけです。

 ひとまず報告でした。

 

 

2011年8月18日 (木)

それは、突然やってくる。

8月17日(月) 

それって・・・

「セカーサラー」(=研修)のこと。

 カンボジアでも日本と同じように、学校の先生達は勉強のために

研修へ参加します。

日本では、研修の日程はある程度前から分かっているので、

子ども達が自習できるように、前々から準備をすることができます。

が・・・ここカンボジアでは、それは、突然やってくるのです。

 

 昨日のこと、夕方16時くらいに校長先生に一本の電話が入りました。

内容はというと、

 『明日から、プノンペンで研修があるから養成校から10人参加させてください。』

とのこと・・・・。

人数限定というところから、数集めのような気がしますが・・・

それはおいといて、前日ですよ。前日。

クラチェからプノンペンへは、ミニバスでも5時間はかかります。

県外出張なんですよ。

電話を切った後、校長先生は残っている先生達に伝えたり、

いない先生に連絡したりとバタバタ。

日本でこの状況だったら、先生達から文句の嵐でしょうね~。

でも、カンボジア人。

「え?明日?」

ってくらいで、特に文句も言うことなく、スムーズにことは終了。

 ということで、今日から先生達は朝早くからプノンペンへ行ってしました。

学校に残ったのは、私+2人の先生。

ということは・・・学生は4日間ほとんど自習になっちゃいます。

 今日の14時~15時、15時~16時は音楽だったので、

私が授業をしました。

でも、ピアニカをしまっている鍵も校長先生が持っていっちゃたし・・・

なので、今日は「いすとりゲーム」!

たまにはいいよね~。大盛り上がりでしたよ!

 つぎに、突然やってくるものは何でしょうか?

楽しみです。

2011年8月16日 (火)

最近の朝ごはん

 先週は、久しぶりにスカーッと気持ちのよい晴れの日が続きました。

2011811

2011811_2

カンボジアの空は、広いです。

なぜかって・・・・

カンボジアには、山がはとんどないからです。

山が見える日本の景色も好きですが、

山の見えないカンボジアの景色も大好きです。

 さて、私の最近の朝ごはん。

前回、「バイ サイッ チュルーク = 豚肉のせご飯」が

私の毎日の朝ごはんだと書きましたが・・・・

やはり、毎日同じものを一年間(週6日)も食べていると、

さすがに飽きてしまいました。

ということで、朝ごはんの場所をバイサイッチュルーク屋のお隣の屋台へお引越し。

最近は、「バンスロン」というものを食べています。

Photo

Photo_2

米粉で作った麺の上に、豚肉と薄焼き卵

(この屋台にもバイサイッチュルークがあるから、その具をのせています。豚からは離れられません。)

麺の下には、きゅうりや薬草。そして、タック トライ(=魚醤)と砕いたピーナッツをかけて食べます。

 カンボジアって暑い国なのに、日本にある冷麺や冷麦、ざる蕎麦のような

冷やして食べる食べ物がありません。

でも、この「バンスロン」は、(冷えてはいないけど)カンボジアで初めて食べる

暑くない食べ物なんです。

あーざる蕎麦が食べたくなっちゃいました。(よだれ)

というわけで、帰国まで朝ごはんはこちらでお世話になります。

Photo_3

右のお姉さんが、この前の「婚約式」のお姉さんです。

左は、お母さん。

1500リエル(=30円)分のバンスロンを入れてくれて、

いつも、「1000リエル(=20円)でいいよ。」ってまけてくれます。

外国人だからぼったくられることは、よくあること・・・

まけてくれる人なんてなかなかいませんよ。

明日も、バンスロン

「いただきま~す!!」

2011年8月 8日 (月)

プチョアッぺアック 婚約

8月7日(日)

今日は一日雨が降ったり止んだり。

掃除して、洗濯して、DVDみて、ツナパスタ作って・・・

雨が降ってる時に、家にこもっているのってなんか好き。

のんびりした日曜日を過ごしました。

 さて、またまた先月のことになりますが・・・

養成校の中にある屋台のお姉さんから

「ピティ プチョアッぺアック」 (= 婚約式 )の招待状をもらいました。

Photo

これが招待状です。

真ん中には、「まさこ さん」 と印刷されています。

(まさこ の ま と さこ の間が空いているのが気になります。

もしかしたら、ま が名字で、さこ が名前だと思われてたりして・・・)

でも、こうやって自分の名前の入った招待状をもらうって

嬉しいことですよね。

ということで、朝7時から「婚約式」へ行って来ました。

カンボジアは、朝7時なんて当たり前。

式場(といっても、家の前にテントをたてた野外式場)に

到着すると、まずはお供え物をもって花婿行列をつくり、

花嫁の家を目指して近所を一周。

カンボジアでは、婿入りが当たり前なんです。

Photo_3

 花嫁の家に着いたら、カンボジアの朝ごはん「ボボー」(=おかゆ)

をいただきます。

Photo

 ボボーを食べ終わったくらいに、家の中では式が始まりました。

参加者はというと・・式には参加せず、食べ終わったら自由に帰宅。

結婚式と同じでした・・・。

私は、せっかくの機会なので家の中に入って写真をとらせてもらいました。

Photo_2

        婚約指輪の交換

Photo_3

       幸せな二人と記念撮影

私も大家さんにもらったカンボジアの衣装を着て。

Photo_4

式の間二人とも終始笑顔で、私も笑顔に。

花婿さんは、プノンペン。

花嫁さんは、クラチェ。

そう二人は、遠距離恋愛でした。

遠距離恋愛から結婚できるようになった秘訣は?

「毎日の電話での会話」

花嫁さんが嬉しそうに答えてくれました。 

結婚式は、3月の予定だそうです。

帰国前に結婚式にも参加できたらいいな。

P.S

二人はまだ結婚してないんだけど、うまい表現が思い浮かばなくて

花嫁・花婿 って書かせてもらいました。

«卒業式

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ